2018/01/28

予防医学

こんにちは!

今日は予防医学について少しお話したいと思います!

最近は予防医学がとっても脚光を浴びていて色々な情報が飛び交っています。

正直何をしていいか良くわからないと思います。

でも、基本はとてもシンプルで食事、運動、睡眠をバランス良く行えば健康でいられます。

自分なりの健康法で良いと思います。

食事面では毎日の事を見ると難しくなるので一週間単位で見ると少し楽になります。

昨日今日は油ものが多かったから明日は野菜を多目に取ろう。

お菓子も食べてないから明日はいっぱい食べよう。

運動は続けるのが本当に難しいので例えば、家のエレベーターは帰りは使わずに少しスクワットしながら上ろう。

一駅前でおりて少し歩いて帰ろう。

こんな感じで少し気を付けるだけでも体は全然違います。

それでも体は異常が必ず出るので、そんなときは僕らみたいなプロにお任せください。

経絡の流れを見ることで病気になる前の小さな異常を発見できて早めに治療ができます。

この事を「未病治」と言って東洋医学の真骨頂になります。

鍼灸治療を受けている方はとても体が丈夫になり元気に過ごせるようになります。

それに早めに体の異常を察知できるので対処が早くできます。

最高の予防医学だと思っております。

体に不安がある方や健康になりたい方は是非いらして下さい!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
リバティ文京治療院
http://www.harebare.jp/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷4-17-8 コヤナギビル2F
TEL:03-5842-7890
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/01/15

気温差と自律神経について

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします!

さて今日は気温差による体調の変化について少しお話したいと思います!

ここ最近すごく暖かくなったり寒くなったりと気温差がとても大きいです。

僕の患者様でも具合が悪い方が多いです。

体と言うのは気温に応じて体温を調整します。

そうすることによって常に平熱を保つようにしています。

その時に働くのが筋肉と自律神経です。

良く暑がりで寒がりの方がいると思いますが、そういう方は筋肉が少ない方がほとんどです。

筋肉が無いと体温調節するときにどうしても自律神経に負担がかかってしまいます。

なので、気温差があると自律神経に負担がかかり体調が悪くなるのです。

春になると変な人が増えると良く聞きますがこれも暖かくなるにつれ体温調節をしなければいけなくなり、自然と自律神経に負担がかかるためです。

なのでまずは筋肉をつけることをおすすめします。

激しくトレーニングするのではなく自分でできることをめんどくさくない範囲で自分で考えて続ける事が大事です。

これから気温差がどんどん激しくなっていくので体調の変化に注意してください!

僕はせっせと乱れた自律神経の治療をさせて頂きます!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
リバティ文京治療院
http://www.harebare.jp/
住所:〒113-0033 東京都文京区
本郷4-17-8 コヤナギビル2F
TEL:03-5842-7890
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

骨折や捻挫の保険治療も安心の後楽園の整体・鍼灸治療院から休診日など最新のご案内です

後楽園にあるリバティ文京治療院では毎週水曜日の定休日のほか、年末年始やお盆などにお休みを頂戴しております。お休みの日程や臨時休診、診療時間変更につきましては、お知らせでご案内させていただきますので、ご来院前やご予約前にご確認ください。
当院は整体・鍼灸治療院として捻挫や打撲、骨折の治療や交通事故治療も行っておりますので、近隣のスポーツ施設で運動中に思わぬケガをされたり、転倒して痛みがとれなかったりした方も、どうぞお気軽にご来院ください。
リバティ文京治療院は後楽園駅からは徒歩で5分ほど、春日駅からは出口により1分から3分ほどとアクセスも抜群ですので、地域の皆様をはじめ、沿線をご利用の方もお気軽にご来院ください。